FC2ブログ

MG11 タナカ H&K USPモデルガン

今日も死ぬような暑さでした。
夜になると若干涼しくなりますが、昼の暑さは尋常ではない気がします。
仕事の忙しさは相変わらずで、明日も出社。振替もとれない自宅業務何かするするもんか。

さて今回は「。タナカ H&K USPモデルガン」。タナカ現代オートモデルガン三部作の一つです。前回紹介したグロックの場合とは異なり、USPは、エアガンが先に発売され、後からモデルガンになったと記憶してます。

エアガンの方は、最初期のタニコバUSPと競作になったこともあり、P8やステンレスモデル、コンパクトなどのバリエが出たのに対し、モデルガンはUSP一種類。しかもエアガンのUSPは左用セフティが付いてきたのに、モデルガンではそれもなし。売れないとはいえ寂しい扱いでした。

タナカUSP3

外見はスライドが大きめのやや頭でっかちなシルエットですが、ドイツ製らしいシャープなまとまりがあります。ポリマーフレームなのにハンマー露出型と、グロックとの棲み分けも出来ています。最近KSCの45ばかり見ていたので、改めてオリジナルUSPを見ると、バランスのよいデザインに改めて気がつきます。

タナカUSP2

グロックなどと同じように、最初期はオールABSだったのが、再販される度にフレームHW、オールHWになったりしますが、グロックのように大きな違いがありません。

唯一異なるのが、バレルチャンバー上面の加工。モデルガンではロックしないように後加工で削っているのですが、その加工仕上げが異なってます。
タナカUSP4
↑ 右が最初期モデル、真ん中が中期ABSモデル、右がHWモデル

最初期は加工したまんまの黒染め仕上げなし。HWは加工後、黒初め。中期ABSモデルはモデルガン用に型で加工がしてある感じです。順番的には最初期ABS→HW→中期ABSって感じですが、その順に購入したか覚えていないのであくまで私見です。

最近モデルガンの再販が多いですが、できればタナカからモデルガンでUSPコンパクトが欲しい今日この頃です。
明日も仕事なのでこの辺で!

lanking←ご協力願います
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR