FC2ブログ

MG39 タナカ SIG&SAUER P226HW 修理完了

さて今回はバレルの換装という簡単な作業で修理完了した「タナカ SIG&SAUER P226HW」モデルガンです。

タナカP226HW9

P226本体は20年ぐらい前の初代HWモデルで、9年前にもブログで紹介したモデルです。同時期のABSモデルはフレーム自体が崩壊しましたが、HWモデルは二挺ともスライド&フレームにヒビ一つ無く健在です。

タナカのP226モデルガンはRモデルを含めて、ABSモデルよりHWモデルの方が丈夫なようです。個人的には素材の弾性が関係していると思っています。

タナカP226HW8

殆ど使用していなかったので、中々の美品です。バレル代だけで蘇った事で、何故か得したような錯覚を起こしてしまうから不思議です(実際は余分な出費がかかっているんですけどね)。レイルの無いP226が久しぶりだから新鮮なんでしょうね。

タナカP226HW7


1980年の開発だから40年程前のハンドガンということになるわけで、感覚的に70年代におけるP38のようなポジションですね。時が経つのは本当に早いです。

新たにP226を手にすると、最近のハンドガンには無いメカっぽさを感じます。ダブルアクション&ハイキャパシティのメタルフレームだからでしょうか。良いですね〜 P226Rのエボリューションモデルが欲しくなりましたw

今日はここまで!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR