FC2ブログ

MAGPUL PTS FPG コンバージョンキット

先日修理(調整)が完了した「MAGPUL PTS FPG コンバージョンキット」を改めて、紹介します。

FPGコンバージョン8

2010年に「MAGPUL PTS FPG」がトイガン化されました。KSCから限定で発売された「MAGPUL FPG」の完成品、アクセスオーバーシーズから発売されたコンバージョンキットの国内正規モデル、コンバージョンキットの並行輸入モデル、コンバージョンキットの海外製コピーモデルの4種類が存在しました。

所持モデルは、国内正規モデルで、パッケージに国内代理店のアクセスオーバーシーズのシールが貼られているのが識別ポイントです。内容物はFPG本体と、専用ローディングノズル、セレクターレバー(この2点はスライドに組込済みなので画像にはありません)と、マガジンバンパーとなっています。

FPGコンバージョン10

完成させるには、KSC(KWA)製のグロック18Cのスライドユニットと、グロック用ロングマガジンを別途用意する必要がありました。所持モデルは海外KSC製(当時はそのように呼ばれていましたが、いま考えるとKWA製なんですかね)のアルミスライドを使用しています。

組込には専用ローディングノズルと、セレクターをオリジナルパーツと交換する必要がありました。

FPGコンバージョン11

アウター&インナーバレルはオリジナルのままでも組み込めましたが、所持モデルにはSD製のFPG用ロングアウター&インナーバレルに交換してありますので、KSC製の完成品とほぼ同じ仕様となっています。

FPGコンバージョン20

KSC製グロック用ロングマガジンのバンパーを付属の専用バンパーと交換します。当時はKSCから専用バンパーの付いたマガジンがFPG用として発売されていました。またアクセスオーバーシーズから専用バンパーのみの販売もあったと記憶しています。

FPGコンバージョン13

取付は、FPG本体のトップカバーを外して、セレクターを分解位置にしたスライドアッセンブリーをグロック18Cと同様、マズル側からフレームに取り付けます。

FPGコンバージョン14

FPGのストック部分のロックを外し、スライドを引き出しながらセレクターをフルオート位置に合わせます(セミオートにする事も当然可能です)。あとはトップカバーを戻してマガジンを装着すれば完成となります。

FPGコンバージョン4

「MAGPUL FPG」は実銃用としてMAGPUL社が2008年にFMG−9として発表したものがベースとなっています。FMG−9が実際に発売されたかは不明で、少なくともコマーシャル市場で発売された形跡はありません。

トイガンのFPGも2013年にMAGPUL PTS社から再販されたようですが、同年のMAGPUL PTS社の解散以降(後継のPTS社はMAGPUL資本とは関係がありません)、再生産の話はないようです。

実銃メーカーのライセンスが絡むとトイガンの販売が難しくなる一例ですね。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR