MG491 MGC M.E.U.ピストル

さて今回もスプリングフィールド繫がりで「MGC M.E.U.ピストル」です。

タイトーMEU

MGCと言っても、先のスプリングフィールド M1911−A1と同じタイトー時代の製品です。

M.E.U.ピストルと言っても、完全にスプリングフィールド製となったトラストモデル以前のタイプで俗に言うアーリータイプ。程度の良いM1911A1のフレーム周りをベースに、スプリングフィールド製スライドやカスタムパーツを組み込んだカスタムです。M.E.U.内の修理工場で生産されたと言われています。。

タイトーMEU9

大型のフロント&リアサイト、リングハンマー。スライドのフロントセレーションやビーバーテールグリップ、パックマイヤー製ラバーグリップが外見上の特徴です。大型のリアサイトが良いですね。最近のモデルはノバックサイトばかりなので、無骨でシンプルなサイト形状に惹かれます。

タイトーMEU6

フロントセレーションの有無やアンビセフティの仕様違い等、ロットごとに幾つものバリエーションがあったようなので、MGCがモデルアップしたタイプも存在したと思われます(半分以上諦めですが)。

発売当時はガバのバリエばかりと思っていましたが、今になってみるとM.E.U.でも定番じゃない方のアーリータイプもモデルアップしたと感心します。

MGC末期のカスタムバリエーションは、侮れませんねw

今日はここまで!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR