FC2ブログ

第一次大戦小火器図鑑 (白石光 著)

さて今回はイカロス出版発行の「第一次大戦小火器図鑑 (白石光 著)」です。

一次大戦小火器

たいとるそのままに、第一次大戦に使われた小火器(拳銃から重機関銃〈一部対戦車ライフルあり〉)を国別にまとめた良くある図鑑ですが、大一次大戦期に使用された銃器に絞ってあるのが
ポイントです。

例えば、ガバメントはM1911だし、モーゼルライフルもGew98といった感じです。主力機関銃がMG08やヴィッカーズ・ガンだったりするのも新鮮です。

新鮮と言えば、ドイツとオーストリア・ハンガリーの中央同盟国側と連合国側に分けて編集されていますが、当たり前ですが日本が連合国側に入っているのもそうですね。

日本の場合は30年式歩兵銃は当然としても38年式や44年式騎銃が載っているので、二次大戦モノとあまり違いが無いのがなんとも言えなかったりします。

A5サイズ156Pの小型本なので一つの銃に対して見開き2Pが基本の総花的な内容ですが、一次大戦期に限定しただけで、面白く新鮮に感じたのは正直意外でした。問題なのが、値段的に割高なこと。店頭で中身を確認した後なら何とか購入に踏み切れますが、webショップでタイトルだけ見ると躊躇します。

やっぱり実店舗の書店で、本を探すって大事ですねw

今日はここまで!!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR