FC2ブログ

AMTハードボーラー ロングスライド用レーザーサイト(mafioso airsoft)

さて今回は台湾のMafiso Airsoft社製 「AMT ハードボーラー ロングスライド用レーザーサイト」です。

Mafiosoレーザー1

3年ぐらい前に出回っていたのを後から知って探していたレーザーサイトを、最近また出回っているのを見つけて、思い切って入手してみました。見てお分かりの通り映画「ターミネーター」でハードボーラーに搭載されていた、レーザーサイトプロップのレプリカモデルです。

レプリカと言っても、実際の映画のプロップではLaser Products社(現Surefire社)が当時のヘリウムネオン・レーザー(現在のレーザーと違って莫大な電圧が必要)で作った映画専用のカスタムで、大型のバッテリーはグリップに内蔵できなかったため、ケーブルで繋いでポケットに入れていたという代物です。

特に商標も入っていないので、当時のプロップ情報をメーカー側が独自に調べて商品化したものですね。

Mafiosoレーザー2

筒状のレーザーサイト本体と、特徴的なマウントはアルミの削り出し。グリップは樹脂製もチープなものですが、映画プロップに驚くほど似せています。映画用プロップはレーザーサイトの先端部分に調整用の穴が開いているのに対して、こちらは筒の中央部分に調整用?の穴が開いているのが外見上の大きな違いです。

Mafiosoレーザー9

取り付け用のベースガンに、ハードボーラーの初期型ハンマーと、ロングスライドストップの付いた映画プロップに近い、WA製ハードボーラー ロングスライドT1モデルを予定していたのですが仮組みの段階で断念。

Mafiosoレーザー8

T1モデルの肝になっているロングスライドストップとセフティが、もろにマウントと干渉します。映画プロップでは、それぞれの干渉する部分を削って対応しているようですが、パーツの入手が難しいWA製だと予備パーツが無い限り加工はしたくありません。

かといってマウントベースを加工するのも、大がかりな金属加工になりそうなので気が進みません。

Mafiosoレーザー3

結局ハンマー形状が異なりますけど、同じWA製のオリジナル ハードボーラー ロングスライドモデルを取付用のベースモデルにすることにしました。このモデルならセフティだけ交換すれば、加工しなくても大丈夫そうです。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR