fc2ブログ

MG59 MGC S&W M59ハーフシルバー モデル(再)

さて今回はメンテと撮影用に引っ張り出した「MGC S&W M59ハーフシルバー」モデルガンです。12年前に紹介したモデルと同じものです。

M59ハーフS

MGCからM59が発売された1979年は、既に放映されていた「刑事スタスキー&ハッチ」の影響でオールブラックモデルが人気でしたが,翌年「太陽に吠えろ」にドック刑事が登場するやいなや、完全に人気はハーフシルバーモデルに移行しました。

発売と同時にオールブラックモデルを購入してしまったので、ハーフシルバーモデルを入手するまで暫くかかりました。MGCのイベント(だったと思う)で安く売られていたのを入手しました。

M59ハーフS2

元々S&W M59にはハーフシルバーモデルは存在せず、月刊GUN誌のターク・タカノ氏がサンドブラストでフレームのブラック仕上げを剥がしてアルミ合金地肌にした、カスタムモデルをモデルアップしたものと後から知りました。

このハーフシルバーモデルも、アルミっぽいクロムメッキのフレームと、ブラック仕上げそのままのトリガーやスライドストップレバーなどの金属パーツの組み合わせは月間GUN誌1979年6月号に掲載されているタカノ氏所有のM59と同じ仕様です。

M59ハーフS4

唯一異なるのがバレルで、実銃はブラック仕上げなのに、所持モデルはクロムメッキバレルになっています。最初期生産モデルはオールブラックモデルと同様、ブラックバレルでチャンバー部にアルミシールが付いたものだったと言われていますが、今のところ未確認です。

M59のメッキバレルは最終モデルまで続きますが、CPカート仕様になった辺りからサーチライトクロムメッキ仕上げに変わったようなので、クロムメッキ仕上げのものも初期生産品になるのかな。

M59ハーフS3

スライド側面と上面は梨地のマット仕上げ。のっぺりとしたアルミアロイ製のフレームとの質感の違いを再現したと言われている凝った作りです。そのスライドも後に手に入れたパーツでは側面がツルツルになっていたので、サンドブラストなどの後加工だった可能性もあります。

M59ハーフS8

モデルガンとしては初めてダブルアクション&ダブルカラムマガジンを再現したモデルとして、高価だったにもかかわらず人気は高かったようです。量産モデルなのにカスタムモデルとして発売した結果、後にキットモデル化して大幅に価格を下げたのはゴールドカップ ナショナルマッチ(GM4)と同じです。

後にガバメントカスタム(GM5)と並んでシューターワン対応モデルも発売されましたが、センターファイアー化はされませんでした。

M459のガスガン製造の際に金型を流用されたのか90年にはカタログ落ちをしています。認知度が高い割には、販売年数が短かったのは以外でした。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR