fc2ブログ

MG596 タナカ S&W M19 ”K-COMP” のグリップ交換

さて今回は、先に紹介したタナカ S&W M19 PC 3inch”K-COMP” HW」のグリップ交換です。オリジナルのアンクルマイクス風ラバーグリップも嫌いな訳では無いのですが、手持ちグリップを付け替えてみました。

タナカKCOMP6

最初の候補がキム・アーレン製のコンバットグリップです。これは現在タナカ S&W M19 ”K-COMP” のガスガンに取り付けているもの。

タナカKCOMP8

国内正規品なのでタナカのグリップラインにピッタリ合います。バックストラップ部のラインがピッタリ合っているのは気持ちよいですね。

タナカKCOMP9

握り心地は、フィンガーチャネルの深さも手に合っているのでフィットします。チェッカーが無いので滑りやすい気もしますが、実弾を撃つ訳でも無いのでフィット感重視ならこれですね。

K-COMPグリップ10

次に試したのはHOGUE製のナイロン製グリップ。見た目は同社のラバーグリップと同じですけれど握った感じはかなり異なります。

K-COMPグリップ7

取付は若干キツ目ですが問題なく取り付けられます。ラウンドバット用グリップですが、バックストラップ部が上手く合わないのがチョット残念。握った時に違和感を感じないのが救いです。

K-COMPグリップ11

見た目のバランスも悪くはありません。個人的に握った感じは、同社のラバーグリップよりもしっくりします。肌触りと、グリップ中央部の厚みが手に合っているのかもしれません。

K-COMPグリップ12

最後に試したのがVZ製タクティカル ダイヤモンドグリップです。ラウンドバットグリップをスクエアバットに変換するグリップなので、コンシールド性は劣りますけど見た目にボリューム感があります。

K-COMPグリップ

タナカのグリップラインに対して余裕のある作りですけど、グリップフレーム上部の段差やピン位置がピッタリ合っているので、しっかり固定されます。グリップスクリュー位置がメインSPにかかりますが、スクリュー軸の中央が細くなっているのでSPとの干渉はありません。

K-COMPグリップ2

取り付けた感じは、”K-COMP”らしくないボリューム神尾あるシルエットになりますが、コンプを入れて3inchのバレル長があるので、バランス的に悪くありません。銃本体と同時代のグリップではありませんが、アクティブで新鮮なルックスが気に入りました。

握り心地も悪くないので、暫くはこのままのスタイルが続きそうです。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR