fc2ブログ

MG616 タナカ コルト ディティクティブ SP 2inch R-model

先週月曜にコロナに感染しました。今更の家庭内感染でしたが、40度の熱が丸2日も続き死にそうなぐらいバテました。弱毒化したとは言え、風邪とはレベルが違いました。自宅隔離で済みましたけれど、頼みの相談センターは緊急時には役に立ちそうには無く、悪化しなくてホントに良かったです。

さて今回は先月発売された「タナカ コルト ディティクティブ SP 2inch R-model」です。

タナカディテクティブR2

タナカがディティクティブのモデルガンを発売したのは2010年だったと思うので、今回のR-Modelは13年ぶりのリメイクと言うことになります。前モデルは造形自体は優れていたものの、コルトメカを再現したアクションがすぐに動かなくなる欠点 いわゆる”コルト病”を抱えていました。

内部メカが多少異なるディティクティブのガスガンが”コルト病”とは無縁(自分の所持モデル)な事を考えるとモデルガンだけが作動不良になるのは不思議ですけど、リアルに寄せすぎたのかな。今回のR-modelはメカが改良されているそうなので、それだけで買い直しの価値はありますね。

タナカディテクティブR

パッケージはパイソンのものと同じデザインの木目調プリントにコルトロゴが入ったものに変わっています。これは70年代の実銃パッケージに準じたデザインですね。最近はローコスト化されるのが当たり前のトイガンパッケージですが、タナカのパッケージには良い意味の拘りを感じます。

タナカディテクティブR3

実際に作動させてみるとパイソンに比べて重い感じがしますが、シングル&ダブル共に問題は無し。旧モデルの軽さ(悪く言えばフニャッとしたトリガーの感じ)も無く、シリンダーのどこか一つが引っかかるような気配もありません。これで、急に動かなくならなければ合格点です。

タナカディテクティブR4

他にもフロントサイトやフレームトップのセレーションや、刻印の位置mトリガーバドの外見にも手が入れられていて、R-modelの名に恥じないリメイクになっています。取説にポリス・ポジティブのイラストの記載があったので、バリエ的にも期待大ですね。後ニッケルモデルが出てくれると嬉しいな。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR