FC2ブログ

旭川旅行記 その壱

やっと少し落ち着いたモノの、疲労困憊気味! 今日はその披露の元になった旭川旅行の主目的の旭山動物園についての前編です。

今回も一泊二日の弾丸ツアーなので、朝7時30分発の飛行機で旭川に出発。早朝で空気が澄んでるせいか、富士山がきれいに見えました。

旭山1

旭川空港着が9時ちょっと過ぎ、空港からTAXIで旭山動物園に向かいます。この間約40分。道路はすっかり雪で覆われているので、レンタカーを借りてもビビって運転できそうもありません。

10時過ぎに旭山動物園に到着。開園は10時30分からですが続々と人が集まってきます。係の人の話では、この日は観光バスの予約¥が100台とか。多いときには200台にもなるそうです。

旭山2
↑ 最初に行ったのは「ぺんぎん館」水中トンネルがあってペンギンが泳ぐ様子を下から見ることができます。エサやりの時間で混んでましたが、エサ抜きでも面白いかもしれません。

旭山3
↑ 次に「ほっきょくぐま館」へ行ったら30分待ち(これもエサやりタイムにぶつかりました)だったので、「もうじゅう館」へ。雪の中でトラが元気に動き回っていたり、窓をのぞくとエゾヒグマが至近距離に居てビックリ!

旭山4
↑ 豹の檻は上方に作られていて、下から覗く格好になります。ユキヒョウは流石に雪でも元気。ユキヒョウの肉球なんて初めて見ました。

旭山10
↑ 次に行ったのは「オオカミの森」。野うさぎの目線カプセルから覗くと三頭いるはずのオオカミが一匹寝ているだけ。他から見ると三匹元気に動き回っています。オオカミなんて寝ているところしか見たことが無かったので、雪の中を俊敏に動き回る姿に感動。最後にエゾジカを見て前半戦終了。

ここまでで約2時間。動物が動き回っているので、一カ所の滞留時間が長いです。気温は1度で、途中吹雪いたりもしましたが○ニクロの○ートテックのおかげで何とかなりました。

実際大した動物もいない動物園(ゾウもシマウマもいません)ですが、見せ方が秀逸なのでついつい足を止めてしまいます。手作り感あふれる説明パネルが楽しくて、ついつい読んじゃうのも時間がかかる理由の一つです。

今日はここまで、後半部分は次回ご報告します。

lanking←ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR