FC2ブログ

MG45 MGC ワルサーP38 アンクルタイプ

ブログを始めて、今日でちょうど一年立ちました。我ながら良く続いたものだと感心してます。このようなダラ文をご覧いただいている皆様に感謝です。

さて、一周年記念として今回は「MGC ワルサーP38 アンクルタイプ」モデルガンです。金属モデルガン初の紹介です。

MGCアンクル2

所持モデルは46年規制以降の俗に言う虹色メッキモデル。今日の目で見ると仕上げの悪いこと悪いこと。スライドなどはグラインダーの後がありありです。一応ヘアラインを意識した加工なんですかね~。

バレルは持病のフィーディングランプ部が破損したので、交換してあります。メッキや仕上げが異なっています。当時はパーツ交換もボンドショップにいってパーツ名を言えばそのまま出してくれる便利な時代でした。

当時の価格は確か3,300円(カタログを仕舞い込んでいるので確認できませんでした。)カートは別売で、ベレッタスタンダードと共通のカートです。中田もMGCもP38だけカートサイズが小さいのが不思議。

MGCアンクル5

アンクルタイプはやっぱし、アクセサリーを付けないと様になりません。MGCからは、マズルブレーキ、エクステンションバレル、スコープ&スコープマウント、ストック、ロングマガジンが別売でありました。

MGCアンクル6

ストックについては2タイプぐらいあったように記憶しています。所有モデルだけかもしれませんが、ストックを付けると、グリップに干渉して広がってしまいます。簡単な加工で修正出来そうですが、アンティークなモノを弄るのも何なんでそのままです。

MGCアンクル4

MGCのモデルガンの中で、タニオアクションのP38系は結構長く売られていて、末期になると価格も値上がりしていたと記憶していますが、アクセ類はそのままの価格だった気がします。もう1セット買っておけば良かったな~

MGCアンクル3

MGCのアンクルタイプは握りにくいと思ったことはなかったんですが、マルゼンと比べると全体で一回り小さい感じ。特にグリップはスリムの一言。ハンマースプリングがないからあたりまえか。

未だに問題なく作動します(怖くて一度しか動かせませんでした)。現在でも良くできたオモチャだと思いますので、今後は他の金属モデルガンもボチボチ紹介していこうかと思ってます。

そんな感じで二年目に突入しま~す。

lanking←ご祝儀ぽちっとをお願いします!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Re:MGC ワルサーP38 アンクルタイプ(01/06)

すばらしいっ!そして懐かしいっ!
21世紀の今、フルセットを拝めるなんて~!

私はスコープは所有したことがありません。
きっと買えなかったんでしょうね~。

グリップがマルゼンより細かったことに全く気づかなかったのは、
当時の私が子供だったからなのでしょうか。
私の記憶のこの銃より、マルゼンの方が握りやすく感じてしまいました。

これもP-38ミリタリーも、タニオではとても発火できないので、
スライドを手で強制作動させて発火させてました。

ちなみに、中田ルガ-の場合はタニオでチャンバーに送り込んだ後、
上からトグルを叩いて発火させたりもしました。

「火傷」をしない技術を皆で競った懐かしい銃です(笑)

今回のデチャッタブル、TVプロップよりマズルブレーキのホール数が
違うということで、早速、某サードパーティーメーカーから、
「プロップどおり」のパーツの案内が来ていました。

高いので買わないと思いますが、マルゼンさんも急いでくれないと。

前記事でご指摘のエクステンションバレル、ABS製で出ちゃうような
気がしてなりません(笑)しかもバレルごと(笑)
道楽カウンター
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR