FC2ブログ

MG58 MGC コルトウッズマン 飛葉モデル ショップカスタム

今日は仕事よりも、私事で忙しくなりました。
帰宅後は、あっというまに時間が過ぎるのでビックリします。

飛葉

さて今回は「MGC コルトウッズマン 飛葉モデル ショップカスタム」モデルガンです。日本でのウッズマンの人気は、「ワイルド7」の主人公 飛葉大陸が使ったショートバレルウッズマンの影響が大だと思います。

MGCウッズマンのバレルをカットした人は大勢いたと思います。このモデルはいまは亡き、目黒の東京ガンシップで作っていたショップカスタムです。

飛葉カスタム2

カスタム加工自体は簡単で、バレルのカットと刻印を埋めてのバレル仕上げ。グリップを含めた、全体塗装ぐらいです。バレル長はインサートの関係で多少眺めの気もしますが、イメージが壊れるほどではありません。

カスタム加工自体は結構丁寧で、バレル内ライフリングこそありませんが、銃口の加工もきれいに行われています。グリップのブラック塗装も純正グリップのチープ感が無くなっています。発火機能は残っていますが、当然未発火なので実際に撃てるかどうかはわかりません。

飛葉カスタム3

NEW MGCになってから純正で発売された「飛葉モデル」はバレル加工の部分が雰囲気的にイマイチでしたので、自分的にはこのモデルが一番「飛葉モデル」に近いと思っています。

このモデルを見ていると、普段と逆にガスガン化して欲しいと切に思います。マルゼンかマルシン出だしてくれないかな~。アンクルタイプみたいに売れると思うのですが‥

今日はこの辺で‥

lanking←ぽちぽち、ぽちっとお願いします!

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Re:MGC コルトウッズマン 飛葉モデル ショップカスタム(02/05)

おおっ!これぞ本当の「飛葉」モデル!
私は高額ゆえ手が出せず、MGCから出たブルバレルのニセモノ飛葉モデルで
我慢しております!
後半、357マグナムまで打てるように改造されてしまうんですが、
「緑の墓」あたりでは、アタッチメントをつけたり、格好よかったですよね~。

Re:MGC コルトウッズマン 飛葉モデル ショップカスタム(02/05)

コルトウッズマンって初めて知りました。(^^;)
コルトっていうとパイソンとガバメントとM16、M4A1、SAAくらいしか思いつきませんでした。

Re[1]:MGC コルトウッズマン 飛葉モデル ショップカスタム(02/05)

kirk1701さん
いつもどうもです。

>おおっ!これぞ本当の「飛葉」モデル!
>私は高額ゆえ手が出せず、MGCから出たブルバレルのニセモノ飛葉モデルで
>我慢しております!

元の値段は、9800円だったと記憶しています(30年近く前)。

銃身長はMGCの方が近いと思います。自分も改造用にオクで探してるんですが、最近のウッズマンの高騰には付いていけません。

>後半、357マグナムまで打てるように改造されてしまうんですが、
>「緑の墓」あたりでは、アタッチメントをつけたり、格好よかったですよね~。

そうですね、M31ショッットガンとウッズマン好きは完全にワイルド7の影響です。

「緑の墓」「地獄の神話」あたりが一番面白かった頃ですね。

Re[1]:MGC コルトウッズマン 飛葉モデル ショップカスタム(02/05)

Sakakeyさん
いつのどうもです。

>コルトウッズマンって初めて知りました。(^^;)
>コルトっていうとパイソンとガバメントとM16、M4A1、SAAくらいしか思いつきませんでした。

本来はそんなメジャーじゃない22口径のターゲットピストルの入門版(ルガーマーク2のコルト版)で、現在は生産されていません。アンティークに近いかも。

望月三起也氏の漫画「ワイルド7」で一躍有名になりました。一部の世代にはボンドのPPK並に定着してます。

Re:MGC コルトウッズマン 飛葉モデル ショップカスタム(02/05)

初めてコメントさせていただきます。温故知新と申します。ウッズマン飛葉モデル、いいですよね。さすがにショップカスタム、かなり漫画に近いスタイルに仕上がっていますね。バレル長は、漫画のコマ、登場場面によって微妙に違っているので、このサイズも、『あり』だと思います。私もこのモデルを自作しようと思い、ブラックホールで素材は手に入れたのですが・・ 以前、GUN誌の読者欄で、自分で作ったカスタムを撃ったら、デトネ-ターが吹っ飛んだという記事を見たことがあり、今ひとつ決心が付かず、数年が経ってしまいました。

Re[1]:MGC コルトウッズマン 飛葉モデル ショップカスタム(02/05)

温故知新さん
初めまして、コメントありがとうございます。

>バレル長は、漫画のコマ、登場場面によって微妙に違っているので、このサイズも、『あり』だと思います。

自分も「あり」だとは思うんですが、自分のイメージとしては長い気が、でも、短いタイプを見てもイメージ云々となるんでしょうね。

>私もこのモデルを自作しようと思い、ブラックホールで素材は手に入れたのですが・・ 以前、GUN誌の読者欄で、自分で作ったカスタムを撃ったら、デトネ-ターが吹っ飛んだという記事を見たことがあり、今ひとつ決心が付かず、数年が経ってしまいました。

自分も若き日に、自作にチャレンジしました。
ウッズマンのデトネータは、ほぼインサートに支えられている取り付けになっています。

したがってインサートの取り付けスペースをどうするかが鍵になり、結果としてバレルを長く取るのはそのためです。

自作の結果は、
(1)バレルカット面の銃口サイズが大きくなった。
(2)自作インサートの固定がイマイチ
(3)デトネーターの位置が微妙に狂ってしまった。

等の問題が発生しました。完全解決が難しかったので新規フレーム購入で、元に戻してしまいました。

自分は、中途半端な物しかできませんでしたが、温故知新さんは是非がんばっていただきたいものです。
健闘をお祈りします!
道楽カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR