FC2ブログ

MG31 WA ワルサー PPK/S レストア開始!

今日は豪雨とか言ってたけど、天気は晴れ。
気温が20度って、晴れすぎじゃない? 初夏の気候ですよね。

さて今回は。「WA ワルサー PPK/S」のレストアのさわりです。

以前紹介したように、WA PPK/Sのウィークポイントであるトリガーガード基部の破損が見つかってから、ほったらかしだったんですが、季候も良くなったのでれすとあに着手しました。

WAPPKDX2
↑ トリガーガード基部の破損状態

以下の手順で、レストアする予定です。

(1) 破断したトリガーガード基部の修復
(2) トリガーガードアクシスピン&スプリングの加工(テンションの低減)
(3) 組み込み~強度確認
(4) フレーム仕上げ

(1)のトリガーガード基部の修復ですが、破断はしていても、断片パーツがフレームと一部では繋がっているんで、瞬接を使った修復にしました。

強度の面ではプラキャスト等を盛りつけるスペースがないので、最近入手した田岡化学工業の「シアノボンド」という瞬接を使ってみました。

シアノボンド

元々ソフビ製作用に購入したものなのですが、従来系の瞬接よりも硬化後の強度が高く、軟質ビニール系の接着も可ということで使ってみました。軟質系ソフビ制作に欠かせないと言われている、スグレモノということです。

所持しているシアノボンドは、粘度の低いタイプなので水のように流れてモデルガンとかには扱いにくい…。

スキマとかに流し込むのには適してるんですけどね。硬化時の白色化はあまりありませんが、湿度の低い時期なのでそのあたりは何ともです。

PPK修理

PPK修理2

PPK修理3

予想以上に接着剤が流れましたが、なんとか(1)修復は終了。一日硬化時間をおいて、(2)ピンとスプリング加工~強度確認までやる予定です。

今日はここまで!!

lanking←ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Re:WA ワルサー PPK/S レストア開始!(02/14)

WAは昔はモデルガンも結構だしていたんですね。
私がトイガンにはまったのは5~6年くらい前からですので知りませんでした。
モデルガンのPPK/Sは私もマルシンの組み立て用を買って作りました。
それにしても断片パーツが残っていて不幸中の幸いでしたね。

Re[1]:WA ワルサー PPK/S レストア開始!(02/14)

Sakakeyさん
どうもです。
>WAは昔はモデルガンも結構だしていたんですね。
>私がトイガンにはまったのは5~6年くらい前からですので知りませんでした。

80年代の事ですから、実体験で知っているのはアラフィフの方々です。また何か出てきたら紹介しますのでお楽しみに。

>モデルガンのPPK/Sは私もマルシンの組み立て用を買って作りました。

マルシンの方が内部構造とかはリアルなんですよね。全体のラインもシャープだし、正確かもしれません。
自分も昔組みましたが、余り悩まず組み上がったことを覚えています。

>それにしても断片パーツが残っていて不幸中の幸いでしたね。

ホント、そう思います。やっぱ、箱に入れておくのって大事だと痛感しました。
道楽カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR