FC2ブログ

MG80 スズキ ベレッタ M92SB

今日は、子供らと買い物に行ったら何だかんだで半日終わっちゃいました。

ついでにクルマの洗車をしたら、帰りは予想どおり雨!
予想が当たらないのは競馬だけ!って感じでした。

スズキ 92SB

さて今回は「スズキ ベレッタ M92SB」モデルガンです。

82年から83年にかけては、ABSモデルガンがピークを迎えた時期だと思っています。MGCのGM5から始まって、WAのコンバットコマンダーカスタム、マルシンのモーゼルM712等、傑作モデルガンが揃い組でした。

そしてこのスズキ ベレッタ M92SBは衝撃でした。
スズキというメーカー自体の知名度は低かったものの、米軍トライアルに参加した最新ミリタリーオートというだけで注目されていたのに加え、M59以来のハイキャパダブルアクションの再現など話題に事欠きませんでした。

スズキ92SB4

本体のデザインバランスやデティールも良好で、フレーム・スライドサイド部に再現された、ヘアライン加工や、オートマチックファイアリングピンの再現(外見だけ)や、ショートリコイル、リアルサイズカートなど凝りに凝った仕上がりでした。

パッケージも凝っていて、実銃通りの紙箱を再現しているのには驚きました。当時は一部のモデル以外は、紙の上蓋と、発泡スチロールの下箱がほとんどだったのですが、これ以降高級モデルガン中心に凝ったパッケージの製品が増加しました。

スズキ92SB3

このあたりになると、当然発火はしていないんですが、聞いたところによるとインテンスシートを入れないとパワー不足だったり、サイド発火方式のため発火性能自体はよくなかったとのこと。

スズキ M92SB以降、モデルガンはどんどんリアル指向に進んで行くことになり(当時のニーズがそうだったとも言えますが)耐久性よりも再現性が重視され、気軽に発火できなくなっていきます。

今日はここまで!

lanking←ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Re:スズキ ベレッタ M92SB(03/22)

先日に引き続きのベレッタM92SBですね。
本当に実銃と見間違えそうな感じがしますよね。
それにしても、これが20年以上経っているとは到底思えません。(@_@;)
道楽カウンター
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR