FC2ブログ

MG96 タニオ・コバ GM7 その弐

サボリ癖を少し反省して、今日2回目のアップです。
一応旅行記を終えて、通常パターンに戻ります。

タニコバ3

さて今回は途中で終わっていた「タニオ・コバ GM7」の続きです。
いろいろ欠点も見えるGM7ですが、こと発火と言う視点で考えると中々考えている感があります。

タニコバ8
↑ 左:GM2用プラカート。右:GM7用プラカート 素材とサイズ以外はあまり変化はありません。

ご存じの通り、発火方式はCP方式からデトネーター方式に戻っています。デトネーター式の欠点、カートとデトネーター間のクリアランスの維持は、Oリングの弾性を利用して解決しています。もしかすると暴発防止も兼ねているかも。

汚れによる、発火弾数制限については、解決策はないらしくバレル洗浄で対応とのことですが、デトネーター方式でも2マガジンは撃てた記憶がありますからあまり問題にはならないと思っています。

内部ではリコイルスプリングの他に、GM2のようなスプリングがバレルに付いています。察するところバッファー機能を持たせていると思われますが、名称がアシストスプリングになっているので、スライドを戻す役目のほうが強いのかも!

そうするとリコイルスプリングが弱いことになりますが、その辺は撃たないとわからないな~

タニコバ
↑ スライド内部・バレル回りのスプリングが分かるかな~。

実銃とは似ても似つかない形の丈夫そうなディスコネクターや、シアーの形状などはマルイパーツの流用か、発火に対する強度維持かはわかりません。

タニコバ4

でも内部を見ていると、GM2譲りのアレンジメカが満載です。自分的にはGM5・6の後継というよりも、GM2直系って臭いがするんですけど、どうなんですかね。本体価格がもう少し安ければ発火に踏み切れるのに…。

勇気が出るまでもう少しかかりそうです。

今日はここまで!

lanking←ぽちぽち・ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Re:タニオ・コバ GM7 その弐(05/12)

タニオ・コバのモデルガンは値が張りそうですね。
プラスチックのカートっていうのも珍しいですね。(@_@;)

Re:タニオ・コバ GM7 その弐(05/12)

この時期にタニコバさんが新作モデルガンを出してくれたので敬意買いしたいところですが、私はハドソンの南部14年式の新型に興味がわいているところです。発火性能極悪と言われるハドソンの南部14年式で全弾発火成功させてみたいと思っています。

Re[1]:タニオ・コバ GM7 その弐(05/12)

Sakakeyさん
どうもです。

>タニオ・コバのモデルガンは値が張りそうですね。
>プラスチックのカートっていうのも珍しいですね。(@_@;)

CPカートの面倒くさいカートセッティングが無くなり、カート単価も安くなったのは、まさに発火向き。

でも本体価格が、発火を躊躇させるほどなのが最大の欠点ですかね。
-----

Re[1]:タニオ・コバ GM7 その弐(05/12)

r7dさん
どうもです。

敬意買い…。まさにそのとおりです。タニコバさんぽいメカになっているのは感動です。

南武の新型、惹かれますね~。

二度にわたって発火性能には裏切られたので、ホントに発火性能が良くなったか確認してから手を出そうと思います。
道楽カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR