FC2ブログ

MG98 MGC ルガーP08(ABS)

本日も日付が変わってしまいました。
今週は、まともにアップできなかったな~。
規則正しい生活に早く戻りたいです。

MGCルガー

今回は久々のGM系以外のモデルガン「MGC ルガーP08(ABS)」です。
76年に紙火薬のブローバック方式で発売され、94年にMGCが生産部門を廃業するまで販売されていた、息の長いモデルです。

76年前後に販売されたモデルは、オートマグやコルト32ACP等、外見はともかく、内部構造は全く独自にアレンジされたものが多く、このルガーもショートリコイルの省略、ハンマー発火方式等実銃と全く異なる構造でした。

MGCルガー2

使用カートが、SIG P47/8と同じ細身のモノが使われていたことと、トグルオープンしたときのトグルの角度が浅いので、あまりルガーっぽくないところが気になりました。当然金属ルガーとのパーツの互換性はありません。

当時としては、あちこちに入っている刻印がやたら多く、そのあたりがリアルといえばリアルでした。

MGCルガー3

所持モデルは76年の発売とほぼ同時に購入したモノで、発火済みです。当時は発火が当たり前だったので、何のためらいもなく紙火薬で発火していました。

発火性能自体は満足できるモノでしたが、フィーディングトラブルが多かったような記憶があります。1マガジン撃てればラッキーって感じですかね。10年ぐらいたってから、メンテナンスを実施して現在に至っています。

ABS製ルガーのモデルガンは後にも先にもMGC製しか無く、P38と同様本格的なABSモデルガンが臨まれますが、強度的に難しそうですね。タナカのガスガンで、初体感できた本格的トグルアクションはモデルガンでは夢ですかね~。

今日はここまで!!

lanking←ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Re:MGC ルガーP08(ABS)(05/16)

おはようございます!
我々の世代には懐かしいモデルですね!

当時、MGCから発売されていた金属ルガーのリアルさに比べ、「独創的」という
範囲を超えた、オリジナルメカと分解方法に驚いた記憶があります。
当時MGCで配布されていたモノクロの予告ペーパーでは、刻印のリアルさが
強調されていた記憶があります。

御指摘の通り、カートが細長い分、フィーディングトラブルはありましたね。

やっかいだったのは、デトネーターが外せない点に懸念を感じて、
「どうやって掃除するんですか?」と店頭で尋ねたら、
「綺麗なカートを装填して、こうやってください」とトグルを半分ほど上げたり
戻したりして実演してくれました(笑)

紙火薬で発火する以上、バレル内もしっかりクリーニングしたかったのに(涙)

今、我が家に残っている初代は、サイレンサー用の取り付け金具のおかげで、
フロントサイトに傷が残っていますが、重量感も当時のSIGなどに比べればあり、
随分、握りしめたモデルだったと思います。
 

Re[1]:MGC ルガーP08(ABS)(05/16)

kirk1701さん
どうもです。

当時のMGCは、メンテについてもいろいろ教えてくれましたね~。カートの出し入れでデトネーターを掃除するっていうのは聞いた覚えがあります。

ウッズマン用サイレンサーをつけるとフロントサイトに傷がつくんですよね。

このモデルにも着いていましたが、アッパーレシーバーを交換したので今はキズもありませんが、サイレンサーをはずした時は。結構ショックでした。

道楽カウンター
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR