FC2ブログ

MG134 マルシン ブローニングハイパワー コマーシャルDX

今日は飲み会! と言っても仕事の飲み会でこんな時間になりました。
忙しいときには色々重なるモノです。

ハイパワーCDX

さて今回は「マルシン ブローニングハイパワー コマーシャルDX」モデルガンです。

80年に発売になった、マルシン ブローニングHPのバリエの一つです。スタンダードモデルとの違いは、木製グリップ、メッキハンマー・トリガー・セフティ・スライドストップ・マガジンキャッチが標準装備。マガジンもシルバーメッキ製が付いてきます。

これで、スタンダードとの価格差は+3500円。高いと見るか安いと見るかは微妙な価格差でした。所持モデルは5年以上前に、オクで購入したモノ。カートや、バレル内部を見る限り、未発火状態です。

ハイパワーCDX2

ABSモデルはあまり人気がないらしく、半値以下で購入できました。さすがに今日の目で見ると辛い部分もありますが、当時としては完成度の高いモデルでした。

現在でもスライドを改修してセンターF化したHWモデルが売られていますが、フレーム部分はこの当時のままだと思います。

ハイパワーCDX3

マルシンハイパワーに共通した欠点のひとつが、このフレーム。実銃にあるグリップ裏の軽量化のための穴が開けられていないので、実銃グリップが付けられません。だから今となっては純正の木グリはちょっとした貴重品ですね。

DXモデルに共通する欠点が、メッキパーツが変色しやすいこと。通常のシルバーメッキではなく、ゴールドメッキにしていることで酸化しやすいようです。ピカールを使って磨くとゴールドが落ちて、シルバーになってしまいますが、黒いよりはましですかね。

今の技術でハイパワーのモデルガンだしてくれないですかね。タナカさんあたりが出してくれるとうれしいんですけど!

今日はここまで!!!

lanking←ぽちっとお願いします!

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Re:マルシン ブローニングハイパワー コマーシャルDX(08/26)

現在の目で見ると厳しいマルシンのHPですがモデルガンとしてみた場合はMGCのP210と共にABS製モデルガンの原点といえるもの。それが改修を受けながらマルシンが出し続けている辺り、実銃のHPと同じ経緯を感じてしまいます(笑)。でもやっぱりタナカのガスガンの様にスリムはHPは私も欲しいです(笑)。

でも販売し続けてくれる事は羨ましいです。マルシンのワルサーP38はモデルガンの歴史の中で初めてショートリコイルを再現したモデルガンのマスター・ピースだというのにマルシンさんは何を血迷ったのだか・・・。

Re:マルシン ブローニングハイパワー コマーシャルDX(08/26)

やはりハイパワーには木製グリップが似合いますね。タナカさんにはハイパワーのマークスリーのモデルガン化を期待しています。ところでマルシンさんは昔のスーパーブローバックを思い出させるハイブリッドのモデルガンを出すようですが売れますかねー?。過去の失敗に懲りないのがマルシンさんらしいような気もします。でも多分P210のハイブリッドは買ってしまうと思います。

Re[1]:マルシン ブローニングハイパワー コマーシャルDX(08/26)

WICAさん
どうもです。

自分はP210以上にこのHPに思い入れがあるみたいです。ショートリコイルしなくても、発火音がしなくても関係ありません。発売時のインパクトがのこっているんですかね?

HPにしてもP38にしても今の技術で出して欲しいですね。特にP38はリアルサイズのカートで‥。

Re[1]:マルシン ブローニングハイパワー コマーシャルDX(08/26)

r7dさん
どうもです。
タナカのHPコマーシャルは未だに木グリが付けられなくて、ヘコんでいます(苦笑)。

MK3のモデルガンはイイですね~。最新のHPらしくて自分も好きなモデルです。
道楽カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR