FC2ブログ

MG143 MGC レミントンランド M1911A1(1945)

明日から(と言っても今日ですが)休み!

やっと一週間が終わりました。さて、何しようかな?

NGC レミントンランド

さて今回は「MGC レミントンランド M1911A1(1945)」モデルガンです。

以前紹介した、ガバメント刻印バリエーションのひとつです。

レミントンランドとは銃器会社のレミントンとは、何の関係もないタイプライター会社で、大戦中のM1911A1の製造数はコルトよりも多い95万丁を生産したようです。(ちなみにコルトは53万丁)。

MGC レミントンランド2

生産数を見るだけで、当時の日本の国力と根本的な違いを感じますね。

製造数だけで見ると、M1911A1モデルは大半がレミントンランド製ということになりますが、認知がないせいか地味な印象。

MGCレミントンランド3

売りの刻印バリエも、刻印自体がもの凄く地味。スライド左後部にちょこっと社名が入っている程度。

MGC レミントンランド4

MGC レミントンランド5

MGCのカタログを見ると、刻印バリエのモデルは43年製と45年製があるみたいですが、実際にはスライド刻印以外の違いがわかりません。

同一モデルの刻印バリエをここまで展開したのは、MGCのM16と、マルシンのハイパワー、そしてこのMGCガバシリーズだけ。その中でも刻印だけのバリエ(一部仕上げが異なりますが)もガバシリーズだけ。

いま考えると、ほんとマニアックなものを販売してたものです。

今日はここまで!!!!

lanking←ぽちっとお願いします!

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Re:MGC レミントンランド M1911A1(1945)(10/16)

言葉は悪いですが、「戦争」という物量競争が、多くの生産工場を必要とし、各種の
バリエーションが生まれ、それがモデルアップされている・・・なんとも皮肉な話です。

この趣味、私にとっては、いつもある種の後ろめたさがあるのですが、それでも
40年近く続けているのは、何なんだろう?と不思議でなりません。

その開発(製造)目的は、他人にダメージを与えるための者であったとしても、
銃自体に「悪意」はなく、人に向けて発射されることのない銃には、作り手の思い
だけが宿っている、善良な存在であると思います。

それ故、モデルガンには、まったく「悪しきもの」を私は感じない、本当に「作品」としての
完成度、生産者の思いだけを楽しめる貴重な存在です。

そんな目でこのモデルを拝見すると、スライドの湯じわ(?)は、移転後~終焉までの
MGCの歴史、意外なほど展開されていたウィンドウの中のGMバリエーションが想起
される、ちょっとほろ苦い思いが広がります。

Re:MGC レミントンランド M1911A1(1945)(10/16)

MGCも罪な事をしたというか・・・。最近のWAのガバにも言えますが刻印バリエーションはマニア泣かせですよね。
当時、ミリガバ以外で展開された1991A1やコンバット・エリートにデルタ・エリート。シリーズ’80をモデルアップしても結局はAFPBの再現がなされませんでした。まあ同じようなものにマルシンのベレッタM92系のGシリーズのセイフティが再現されていないというのもありますが・・・。
当時はモデルガンもリアル路線(?)に向かいつつありリアルサイズ・カートや徹底的に検証した刻印の再現(MGCのベレッタM9やミリガバ)など。ただメカニズムの再現は省略されていたのはモデルガンが衰退し始めていた事からだったのでしょうか?
WAのK社長もAM誌のインタビュー内で最近の売れ行きの悪さを心配しておられたようですが、マグナ・ブローバック以降、エポックメイキング(電動ガンやペガサスがあるとはいえ)なものは出ていませんし、そのWAが刻印バリエーション(というかガバの化粧直し)という展開になってしまっているのが気懸かりではありますね。

Re[1]:MGC レミントンランド M1911A1(1945)(10/16)

kirk1701さん
いつもどうもです。

日本におけるモデルガン頭に対する趣味が肩身が狭いのは、戦争における悲惨な経験に負う部分が大きいと思いますが、それ以上に生活に対して何の貢献もしていないところが大きいと思っています。

弾も飛ばないので猟にもつかえない。ましてや都心で銃が必要なのは対人用だけ。そんなところでしょうね。

「作品」としての完成度の高さ、機能面を追求した合理的なメカに惹かれる部分は全く同感です。

MGCのモデルを並べると、全盛期から終末期にかけての製品の質の低下が如実に判ってくるのも、長年こんな趣味をやってるからでしょう。

色々理由を付けてはいますが、やっぱり「格好良いから」という理由が一番大きいと思います。そんな単純なことを大きな声で言えないところは、やっぱり悲しいですね。

Re[1]:MGC レミントンランド M1911A1(1945)(10/16)

WICAさん
どうもです。

刻印バリエについては、自分も末期的な展開で、ごく一部のコアなマニアしか響かない戦略だと思ってます。

自分がそのコアな方に属しているので、なおさらそう思うのでしょう。広いファン層というものが存在していれば、コアを取り込んでく必要もないですからね。

現在のトイガンを取り巻く環境も90年代のモデルガンと同様になってきているのでしょう。WAのカスタムを20代・30代の人が購入するとは思えません。

エアガンは基本18才以下は購入できなくなっているので、購入者の大半は40代以上。

40代以上でこの趣味を続けている人は、そりゃ限られてますよね(苦笑)

限られた購入者しかいなくても、何とか盛り上がって欲しい物ですね。

道楽カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR