FC2ブログ

MG157 MGC コルトナショナルマッチカスタム HW

昨日から熱が下がって楽になったと思ったら、
今度は下の子供と、嫁がインフルに‥。
最初に家に持ち込んだ責任を痛感してます。

幸か不幸か、会社からは今週いっぱい休むよう言われたので
今度は、替わって看病役をやらないとね。

HWNM

さて今回は「MGC コルトナショナルマッチカスタム HW」モデルガンです。

MGCが最初にHWモデルを発売した時のモデルで、塗装とかブルーイングとかの処理はされていない素材のまんまのモデルです。確か何度か限定で発売されていたと思います。

80年代後半だったと思うんですが、HW素材と言えばイングラムのボルトや初期VP70のスライドぐらいのイメージしかなかったので、ハンドガンにフルで使われたことは、金属モデルの再来かと思うぐらいの驚きでした。

当時発売していたのは、「シリーズ70」「ナショナルマッチカスタム6インチ」「デトニクス」そしてこのモデルの4種類だったと思います。

HWNM2

購入時にブルーイング出来ると聞いて、喜んで購入しましたが、結局ブルーイングしたのは6インチだけで、このモデルはご覧の通り、そのまんまとなりました。

モデルそのものは、ホーグ5インチのスライドをオリジナルガバのフレームに組み込んで、ワイドトリガー装備にしただけの寄せ集めモデルですが、HW素材のグレー地の印象が強かったのか、妙に新鮮に映りました。

HWNM3

当時から強度が無いとか、色々言われていたので、これが後にトイガンの主流になるとは思っても見ませんでした。

当時は単なるカスタム生産品としか受け止めていませんでしたが、今考えるとテスト販売みたいな位置づけだったんでしょうね、発火モデルでしたし。

そう考えると、ちょっと歴史的なモデルガンって言う気もしてきますが、購入者はモルモットみたいなものですよね。当時のMGCが晩年の不良品続出状況でなかったのが救いでした。

今日はここまで!!!!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

久しぶりにコメントさせて頂きます(笑)。

量産されたGMとしては、このシリーズが1番お気に入りです。マッコイやエランよりも手放したくないです(笑)。
後にレギュラー製品として販売されたナチュラルHWの肌はザラッとしているのにこのシリーズはつるっとしているのが手にして衝撃的でした。勿論白さも衝撃的、かつ個人的ツボでしたが。
デトニクス以外は木グリ付きというのはMGCのHWに対する自信だとか気概のようなものと勝手に感じていたのですが、たしかにテスト販売的なものだとすれば釣りとしての着用だったのかもと思えてきます。
夢が無いと言えばそれまでですけれど(笑)。

Re:MGC コルトナショナルマッチカスタム HW(11/26)

やっぱりかっこいいですよね。この当時のカスタム・ガバって。

ダットサイトなどのアクセサリーは使わずに、その機能が銃の中で完結しているのが良いんでしょうね。

現在、私がガバメント・カスタムのベースにしているのはこのモデルのスライドとフレームだと思います。最近、このモデル自体を入手したいとは思っていますが資金的に厳しく・・・。
ところでこのHW。私の手元に届いたスライドとフレームは前オーナーがブルーイングを断念した物でして、私も試して見ましたがうっすらと反応が認められるくらいでダメでした。逆に90年代のHWは良く染まるって感じだったので素材が違うのかもしれまえんね。

Re:久しぶりにコメントさせて頂きます(笑)。(11/26)

およよさん
どうもご無沙汰です。

おっしゃるとおり、このシリーズのHW素材の表面はツルツルなんですよね。後に素材の配合等が変わったのかも知れませんが、確かに特筆すべき点ですね。

Re[1]:MGC コルトナショナルマッチカスタム HW(11/26)

WICAさん
どうもです。

このシリーズの6インチモデルをブルーイングしてみましたが(今考えると勿体ないことです)、一応染まりました。確かUSスーパーブルーを使ったと記憶してます。

本来スチールパーツ用ですが、店員さんか誰かに聞いてやってみて、結果黒染めになっちゃいましたが。

ご参考になれば。

Re[2]:MGC コルトナショナルマッチカスタム HW(11/26)

ばらだぎさん

ありがとうございます。

>このシリーズの6インチモデルをブルーイングしてみましたが(今考えると勿体ないことです)、一応染まりました。

私もデルタエリートやコマンダーをメルトダウンしたりと・・・。まさか無くなるとは思っていなかった時代でしたからね。最近では慎重にブルーイングしたナショナルマッチのリアサイトを組み付ける時にガリっとやっちゃいましたし・・・。

>確かUSスーパーブルーを使ったと記憶してます。

バーチウッドのUSブルーの原液をテッィシュに染み込ませて擦ってみましたが反応は微々たる物で、しかも黒と言うよりも緑?グレー?みたいな感じでしたので、中止しました。

道楽カウンター
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR