FC2ブログ

MG166 MGC M92FS デザートストーム HW

狂は寒いと思っていたら、秋並みの暖かさ!

どうなっているんだか。

外出には向いていましたが、本当に地球温暖化が気になります。

MGC M92FSDS

さて今回は「MGC M92FS デザートストーム HW」モデルガンです。

発売は92年頃、ベレッタUSA社が湾岸戦争終結記念モデルを発売したのを受けて、限定モデルとして発売されましたが、実際はかなりの数が発売されていたようでかなり長期にわたり店頭で見かけました。

MGC M92FSDS2

特徴としては、MGCが発売した唯一のFSモデルであること。ハンマーピンがスライドの脱落防止用に大型化しています。これは実銃もFSモデルがベースだったためでしょう。

刻印も湾岸戦争開始から終結までの日付と、デザートストーム(砂漠の嵐)の作戦名が英語とアラビア語で入れられています。

MGC M92FSDS4

MGC M92FSDS5

当然ながらアラビア語の綴りは判別できませんので、合っているかどうかはわかりません。また、本来の作戦名デザートストームは戦争初期段階の空爆時の作戦名で、本来陸戦用の拳銃に付ける名称としては疑問が…。

まあ、一番通りがよい名称にしたんだとは思いますが(デザートセーバーなんて誰も覚えてないですよね)。

ちなみにシリアルNOも、実銃と同じDSから始まる通しNOとなっていますし、パッケージも実銃と同じデザートカモのパッケージに入っているというマニアックなこだわり感は流石です。

MGC M92FSDS6

所持モデルは初期のホーググリップが付いていますが、これは最悪のもので、やたら平べったくて握りにくいもの。後にもっと丸みを持ったタイプに変更されたところを見ると実銃でも評判悪かったんでしょうね。

MGC M92FSDS3

生産数が多いのかオクでもちょいちょい見かけますが、あまり人気がないみたいですね。自分的には良くできたモデルだと思っているんですが。

何度も書きますが、この時期の製品は後のタイトー時代の物に比べ作りが全然違います。タイトー時代もデザートストームは販売されていますが、MGCらしさを感じさせてくれるのは迷彩パッケージのものだけです。

今日はここまで!!!!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR