FC2ブログ

MG178 マルシン ベレッタM84最初期モデル

今日も寒いですね~。
明日も雪の予報で嫌になります。
2月が一番寒いってことを思い知らされるこの頃です。

M84

さて今回は「マルシン ベレッタM84最初期モデル」モデルガンです。
84年頃発売されたベレッタM84はマルシンにとって、モデルガン業界にとってもエポックメイキングなモデルでした。

このモデルまでのマルシンは、ハイパワー、P38ともに旧中田時代の遺産を受け継いだモデルでした。次作のM39やPPK/Sは新規製作ながら他社と競合したため、イメージ的に影に隠れた存在でした。

そして発売されたM84は、実銃が最新型であったのに加えてマルシン完全オリジナルであり、実銃指向の強さと再現性の高さでマルシンの技術力を決定づけたモデルでした。

さらに価格設定がインパクトのあるもので、当時大型オートが1万円超の時代に中型オートながら、複列マガジン・ダブルアクションの新規モデルが5800円で発売!

プラグファイアーカート13発付きでこの価格は、この後各社の廉価モデルの販売を触発するに十分なモノがありました。

M84-2

所持モデルは当時発売された最初期モデル。この後メッキモデル、HW、ガスガンを経てセンターファイアー化されていきますが、この当時はABSの地肌のまんまでした。

外見上は、現在のモデルやWAのガスガンに比べバレルがやや長めなところ以外は古さを感じません。このサイズでマガジンセフティが再現されていたり、リアサイトが別パーツであったり、かなりリアルでした。

M84-3

さすがにトリガーガード内のパーティングラインなどは残されていましたが、当時はそれが当たり前だったので気にもしませんでした。装着している木製グリップも純正ながら、最終仕上げはユーザーが行う仕様でした。

今とは時代が違うとは言え恐ろしい売り方でしたね。最終的に気に入った仕上がりになったから良かったですけど。

カートはP38と同じモノ。ベレッタならばジャストサイズです。この頃から発火が面倒になってきたので、このモデルも未発火。

多少キズとかがあるものの中々のコンディションを保っているので、今後も大事にしなくっちゃのモデルです。

今日はここまで!!!!!

楽天ブログランキング←ぽちっとお願いします!


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Re:マルシン ベレッタM84最初期モデル(02/15)

ぎゅっと詰まったダブルカラムの中型オートということで非常に魅力を感じていたモデルです。しかもセイフティもアンビですし、何かでバックアップガンとして理想的、みたいな記事を読んだ記憶があります。が、もたもたしているうちにシグ・ザウエルP228&P229に出会ってしまいました(笑)。でもマルシンのモデルガンはいつかは欲しいモデルであります。

Re[1]:マルシン ベレッタM84最初期モデル(02/15)

WICAさん
どうもです。

最初購入したときは、正にバックアップガンとして良いな~と思ってました(笑)。

最近はP229とかG19とか、いろんなオートが販売されているので、お気に入りが多くなって困ります(苦笑)
道楽カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR