FC2ブログ

MG179 マルシン PPK/S 初期モデル

また最近仕事が忙しくなってきました。
天気は悪いし、寒いし嫌ですね~。雪も降ってきた!

晴れて暖かいと少しは気分も違うのに…早く春が来ないかな~。

PPK/S

さて今回は「マルシン PPK/S 初期モデル」です。発売時期は82年頃だと思いますが、記憶ではWAのPPK/Sよりも若干早かったはずです。

WAのPPK/Sと比べると、かなり細身で当時はWAのボリューム感あるフォルムに惹かれていましたが、最近ではマルシンのシルエットの方がシャープに感じられて好きですね(いい加減ですね~)

PPK/S2

所持モデルは発売時のロットで、刻印はワルサー刻印の上にホワイトが入っています。プラグファイアーカートも、オートマグなどのようにガスが側面から抜けるタイプになっていました。

発火方式もサイド発火方式で、スチールプレートで発火する方式でした。

グリップは純正ではプラグリップでしたが、パックマイヤーの実銃用グリップに交換してあります。グリップサイズ自体はドンピシャで、一部フレームに当たる部分のみを削って取り付けてあります。

PPK/S3

この頃のモデルガンはABS製が主流で、塗装などはされていません。軽くてテカテカ感はあるものの、色目としてはガンブルーにかなり近かったと改めて思いました。

スライド自体は昨年発売されたPPKにも使われているので、30年近く前の製品が今日のレベルと遜色がないことを物語っています(センター化などの改良はありましたが)。

マルシンのワルサー刻印PPK/Sは、このモデルしか所有していません。HWモデルか、シルバーモデルを買うつもりでいるんですけど、PPKの泥沼に嵌っている状況だとまだまだ先になりそうです。

それしにしてもPPKシリーズは昔からよく持っていますね。ある意味関心です。

今日はここまで!!!!

楽天ブログランキング←ぽちっとお願いします!

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Re:マルシン PPK/S 初期モデル(02/17)

一枚目の写真のスライドの色合いにはぐっと来ますね。私のワルサーP38のABSスライドもそうですが、この頃のマルシンのABSの色合いはなんともいえない魅力がありますね。

Re[1]:マルシン PPK/S 初期モデル(02/17)

WICAさん
どうもです。

旧いABSモデルのスライドって、当時はテカテカしていて嫌だったんですけど、マルシンやMGCのものは光の加減で驚くほどブルーにみえるんですよね。

P38のABSモデルも、コンパウンドなどで磨くとメチャ良いですね!
道楽カウンター
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR