FC2ブログ

MG189 MGC S&W M586 キャリーコンプ HW

そろそろ、念願の犬が決まりつつあります。
楽しみだな~

家に来たら、このブログも犬だらけ?
そうはならないようにしないとね。

586コンプ

さて今回は「MGC S&W M586 キャリーコンプ HW」モデルガンです。

以前紹介した、M586HWの2インチ・3インチが94年に出た後に発売されたと記憶してます。

実銃のキャリーコンプは確か、S&Wのパフォーマンスセンターカスタムだったと思いますが、そんな最新モデル(当時)をモデルアップ出来たところを見ると、MGC(タイトー)にも余裕があった時代だったんでしょう。

ちなみにコンプの穴がついたバレルは一体成形。後加工ぽくないのでこの辺りまでは型でつくってたんでしょうね。バレルだけのパーツとは言え大したモノです。

586コンプ4

フレームは2.5インチモデルと同じスクエアパッドなので、バランス的にはバレルは3インチぐらい合った方がよいようです。その点このキャリーコンプは合格点です。

所持モデルは、アンクルマイクスのラバーグリップ付き。オリジナルのグリップもアンクルマイクス風のHWグリップだったので、折角交換しても見た目は殆ど一緒。でもグリップしたときの違いは歴然です。

586コンプ2

表面の地肌の荒さは、このシリーズ共通。当時は粗いなんて思ってなかったんですが、今見るとね~。ハンマーとトリガーがシルバーメッキになっているのでマットブラックの本体とよいコントラストになっています。

ABSモデルの頃から、作動性は競合に負けないモノを持っていましたが、タイトー製になっても作動面は問題なし。発火性能も悪くはなかったと聞いています。

586コンプ3

最近ではLフレームは過去のモデルになっているみたいなので、このモデルもMGC以外のメーカーが再販してくれる可能性はほとんどないでしょうね。

そう考えると、貴重な部類に入るモデルです(古いモデルガンはみんなそんなのばっかです)。耐久性はありそうなので、久しぶりに箱を開けたら涙!ってことにはならなさそうですが。

今日はここまで!!!!!

楽天ブログランキング←ぽちっとお願いします!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR