FC2ブログ

AG111 MGC H&K P7M13

明日が休みと思うと、
前日の夜はついハイになって夜更かしモードになってしまいます。
休日を充実させるためには、慎まなければ行けませんね。

さて今回は「MGC H&K P7M13」エアガンです。

P7

20年近く前のの古いモデルですが、エポックメイキングなMGCグロック発売後のMGCブローバックガスガンの第2弾がこのP7M8です。

当時画期的と言われた、スクイズコッキング+ガスディレードブローバックのP7を米軍正式拳銃トライアルにあわせて13連に発展させたのがこのM13モデル。

H&Kのリアルなトイガンとしては初(コッキング式エアガンでP9Sなんぞもありましたが)のモデルアップということで注目度は高かったと思われます。

P7-2

HWモデルだったこともあり、スライドの再現はかなりのできばえでヒケも少なく、現在の目でも良くできています。スクイズコッキングレバーはスチールプレス製で、錆びやすい難点はあるものの、これまた再現性はかなりのものでした。

難点は、スクイズコッキングメカの再現を独自の省力メカにしたためにパーツ変形で破損しやすかったことと、コッキング後もスプリング圧が軽くならないため、太いグリップと相まって非常に握りにくかったことでしょう。

ブローバックメカは、マグナ以前のモデルのため当然アフターシュート。スライドオープン時もチャンバー内のメカが丸見えになるのが、古さを感じます。

P7-3

特筆すべきはホールドオープンしたスライドを、スクイズレバーを握ってリリースするアクションは、このモデルならではの醍醐味です。もっとも何度もやると確実のパーツはそんになりますが。

同じくプレス成形で左右非対称のマガジンの再現性も感激物です。今現在でもガスモレがないのが、正直驚きです。

自分的には好きなモデルだったので、フレームをM8にして今日のBLKメカで再販して欲しいと思いますが、MGCの金型を流用しても新規製作部分が多すぎるので無理でしょうね。

実銃も生産中止(M8は未だ残っているかも)になって久しいので、今後もモデルアップされる可能性はほとんどないモデルだと思います。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

はじめまして

懐かしいP7におもわずコメントを書きます^^
発売当時は手が出なくて、いつかは買おうときめてたらMGC自体が無くなってました(笑)2年位前に偶然新品を二つみつけたけど手持ちが無く買えませんでした^^;

まだあるかなぁ・・

Re:はじめまして(09/22)

たかさん
どうもです。

久しぶりにいじったP7、良いですよ(自慢?)。
実射性能は、今のガスガンの基準だと厳しいですけどね。

故障の持病も多くありますので、探すのならコンディションの良いのを選んだ方が。

MGCが無くならなければ、新メカで再販も‥
(無かったでしょうね)

Re:AG111 MGC H&K P7M13(09/22)

スクイズコッカーに関しては本来のコバさんの設計通りなら問題なく作動したものをメーカーが設計より薄く作ったのが原因だみたいな話は聞いたことがあります。後半のロットで一部、改善されたものがあったとも聞きましたがうろ覚えな情報です。私もM8がモデルアップされたら、やばいですねぇ(笑)。九十四式がモデルガン化されるくらいですから、意外とどこかのメーカーが手を出すかも?ガバが飽和している現状ですからこういったモデルをモデルガン化してくれれば一定の年齢以上の人間は手を出しそうでうがねぇ・・・。当然、ターク氏がタイアップレrポートをさりげなく決めてくれたりして・・・(笑)。
とはいえせめてMGCのP7、スクイズコッカーの改善パーツだけでもどこかで出しませんかねぇ?←無理か(笑)。

Re[1]:AG111 MGC H&K P7M13(09/22)

WICAさん
どうもです。

スクイズコッカーのパーツが設計より薄くて動作不良を招いていたとは初耳です。パーツを見る限りは「あの薄さでは」と納得できる話ですね。

改良パーツの発売はM8再販と同程度に難しいと思います(笑)。なんとか維持しないとです。
道楽カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR