FC2ブログ

MG219 MGC オートマグ44(初期型)

今日も寒いです!
これでまだ1月なんだから、2月になったらどうなるんでしょ。

さて今回は「MGC オートマグ44(初期型)」モデルガンです。

オートマグ

所持モデルは76年に発売された初期型モデルです。初期型の特徴は紙火薬仕様のCV複燃焼カートリッジと金属ボルトによる反動でした。

反動自体は広告のように何10cmも銃口が跳ね上がるってほどではありませんでしたが、よくマガジンが抜け出すぐらいの反動はありました(GM2用のマガジンスプリングを二枚使っていました)。

オートマグ2

人気のマグナムで、しかも初のオート。その未来的シルエットでかなりの人気モデルでした。当時はブローバックモデルとスタンダードモデルが併売されてました。購入したのは当然BLKモデル。紙火薬だったのにも関わらず、しっかり発火して遊んでました。

そのマガジンもカートリッジにふさわしい大きさで装弾数が六発と実銃よりも少なかった事を除けば撃って遊んで楽しいモデルガンでした。

オートマグ3

ショートリコイルが省略されているとか、分解方法が異なるとか、サイズが一回り小さいなんて気になりませんでしたね。今考えると良い時代でした。

久しぶりに引っ張り出したら、油分がすっかり飛んでいたので撮影後メンテをしてたら、懐かしい気分に浸れましたね。何と言っても30年以上昔の玩具ですからね。

今日はここまで!!!!!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

Re:MG219 MGC オートマグ44(初期型)(01/11)

本年もよろしくお願い申し上げます!

懐かしいですね~。

私も、発売日にボンドショップに行きました!

何しろ「テレホンサービス」の、発火音と小林氏の喋りを、散々聞きまくって、
ボルテージ最高潮でしたから。

日章ビルの階段にまで行列で、4Fから運び込まれてくるピカピカ(赤と青?)の
箱が来ると、燃えました!

帰って早速、平玉5粒+蓋に一粒の計6粒。

9mmロングより遥かに長いカートとデッカいマガジンに期待も高まり、
思いボルトを引き、装弾不良にならないギリギリまでゆっくり戻し、トリガーを・・・

シュタンッ!という音とともに、私もマガジン外れたクチです(笑)

ついでに、リアサイト回りも直ぐに欠けてしまい、レシーバーを交換してもらいました。
ボルトが当たるところにスプリングが入っていましたが、あまり効果がなかったようですね。

結局、初代はジャンク化してしまい、今は大人になってからオクで入手した
金属ボルトを大切に保管してありますが・・・あの発火は迫力ありましたね~。

Re[1]:MG219 MGC オートマグ44(初期型)(01/11)

kirk1701さん
こちらこそ本年もよろしくお願いします。

日章ビル懐かしいですね。階段で上がるより遅いエレベーターや、油や紙火薬の臭いが充満していた店内も遙か昔になってしまったんですね。

リアサイト回りは弱かったらしいですね。幸い自分のは無事でしたが、ヒビぐらいは入ってるかも知れませんね。

ABSモデルをパーツ取り用に手に入れといた方がいいですかね。
道楽カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR