FC2ブログ

MG222 ハートフォード M2019 C.S. ブラスター

今日も寒いですね~
アジアカップの決勝目前にして香川が骨折!
土曜日の試合はどうなるんだろ~ 心配だ!

さて今回は「ハートフォード M2019 C.S. ブラスター」モデルガンです。

デッカードB5

言わずと知れた、映画ブレードランナーに出てきたブラスターですが、あの映画を公開時にロードショーで観た身にとっては、妙に思い入れがありまして(ちなみにガラガラでした。

人気が出たのはオールナイトとかになってからですね)、ハートフォードから出ると聞いて、即予約となりました。

それ以前にもアドベンのキャストキットがあったりしましたが、やはり弄れて本格的なものは、HWS製が最初でしょう。

デッカードB2

元々はステアーのボルトアクションライフルの機関部にチャーターアームズ製リボルバーとかを組み込んで作られたプロップですから、チーフを組み込んだハートフォードのものはサイズやフレーム上下バランスが実物とは異なっています。

正確さと言う点では、エルフィンナイツPRJのものや海外製のブラスターの方が勝っていますが、トイガン寄りの自分にとっては、やはりHWS製ということになります。

デッカードB4

所持モデルは最初期の物で、レシーバーカバーなんかがキャスト製?で、加工跡が残ったりしていますが、再販版が出るまで気にもなりませんでした(再販版はいくつかのパーツが型による成形らしく、仕上げはが断然良い)。

ボルトの可動や、カバーを開いてのシリンダーのスイングアウトなどのギミックは感動物です。オリジナルのブラックカートや、当時珍しかった専用ガンケースなどのギミックも良かったですね。

これで価格さえ安ければ言うことなしだったんですが…

次回に続きます!!!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

道楽カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR