FC2ブログ

MG517 MULE レミントン ダブルデリンジャー U.S.プロパティ

さて今回は「MULE レミントン ダブルデリンジャー U.S.プロパティ」モデルガンです。

MULEデリンジャーUSプロ7

昨年末に発売された刻印バリエーションで、軍用刻印を持つ珍しいデリンジャーです。第一次大戦前の軍用モデルと思っていたら、なんと1933年に製造されたデリンジャーで、第二次大戦中婦人部隊やパイロット向けに支給されたモデルなんだとか。

以前から欲しかったモデルですが、ネットショップの夏のバーゲンで無事入手することができました。

MULEデリンジャーUSプロ15

刻印違いモデルなのでノーマルモデルとの違いが分かりにくいんですけど、違いの一つがバレルラッチ下にある「E.E.C.」の刻印。これは軍の検査官のイニシャルなんだそうです。

MULEデリンジャーUSプロ8

グリップ底部にはアメリカ軍武器省の連隊記章マークが刻印されています。マークの形状から「flaming bomb (炎を上げる爆弾」と呼ばれているらしい。

MULEデリンジャーUSプロ13

バレル下には「U.S.PROPERTY(合衆国の財産)」の刻印と実銃のシリアル「L75459」が入っています。このシリアルNOから」製造年やらが分かって素性が追跡できたんでしょうね。

MULEデリンジャーUSプロ11

ウェスタン関連は守備範囲外なんですけど、デリンジャーとランダルカスタムだけは別ですね。今は亡きCMCの金属デリンジャー以来、思い入れがありすぎるんですよね。予算が確保できたら2桁アドレスのも揃えたいですね。

今日はここまで!!!!!!

MULE レミントン ダブルデリンジャーの詳しい記事はこちら

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします



MG489 MULE レミントン・ダブルデリンジャー

さて今回は久々のモデルガン「MULE レミントン・ダブルデリンジャー」です。

MULEデリンジャー

久々に新規製作されたモデルガンの上に、レミントン・ダブルデリンジャー(製品名にはレミントンは付きませんが)としても4半世紀ぶりの新製品ということで、予約したのが昨年。年末には発売予定とのことでした、遅れに遅れてようやく先週届きました。

前金無しの予約ですから遅れてもさほど不満はありませんが、出費の重なるときに限って届くのは嫌ですね。予約分の資金を使い込んでる自分が悪いんですけど。

MULEデリンジャー3

最初に気がつくのがバレル部分。マズル側にテーパーがかかっているので、従来の頭デッカチ感が薄まって、幾分スマートに見えます。実銃のイメージもこれに近いので、概ね正しいのでしょうね。

仕上がりは従来のCAW製品に準じているので、きめ細かいマットの仕上げにスチールのブルーが良いコントラストになっています。ちなみにMULE直販分はグリップがココボロ製になっています(一般流通分はウォルナット製)。

MULEデリンジャー2

カートは3CAP仕様で発火を重視した設計のはずですが、如何せんトリガーが重い。実銃を意識したとか、暴発防止のためとかいわれていますが、トリガースプリング用の板バネが想定外に固くなったということでは無いかと推測しています。板バネの製造って難しいらしいですよね。

この手の小型のモデルガンは、手元でガチャガチャ弄るのが楽しいので、片手で引けないトリガーってのは自分的にあり得ないですね。トリガーSPを加工してみましたが、希望の重さにはまだまだなので、暫く葉継続して調整ですね。いっそHWSデリンジャーのパーを流用しようかな。

大昔のデリンジャーのモデルガンは低価格が売りみたいな部分があったんですが、今や金属時代の10倍の価格になりました。HWSのNO3デリンジャーも高く感じましたが、HScの半分以下ということを考えると、現在の新規モデルガンの価格としては妥当なんでしょうね。

今日はここまで!!!!!!

MULE レミントン・ダブルデリンジャーの詳しいレビュー記事はこちら
http://ozashiki-shooters.com/?p=5115

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします




MG432 CAW コルトS.A.A.2nd シビリアン ドレスアップ

さて今回は前回の続きでCAWのS.A.A.のドレスアップの続きです。

ラトルスネークG7

ベースモデルのシビリアンのトリガーガード&バックストラップを外して、真鍮のチリガーガードを取り付けます。

純正だけあってネジ穴もぴったり合います。フレームとはスクリューのみで位置決めされるので、スクリューを均等に締め付けるのに気を遣うぐらいです。この段階でハンマーSPを取り付けます。

ラトルスネークG8

次にバックストラップを取り付けますが、こちらもスクリュー以外にパーツの位置決めをするものが無いので、スクリューの締め付けは均等に締め付けを行います。特にズレも無くキッチリ組み上がりました。

ラトルスネークG9

最後にラトルスネークのグリップを取り付けて完成です。CAW製モデルガンにCAW製パーツを付けただけなので、本当にポン付けでした。製品の精度も昔とは段違いってことですね。

ラトルスネークG5

ハンマーSPを軽くした効果は、ハンマーを動かすとすぐ分かるレベルですが、どのみちハンマーの質量があるので、1.0mm厚にしても良かったかもしれません。これ以上嵌まると、ノンスキップシリンダーや何かにも手を出しそうなので、当面はハンマースプリングを弄るくらいですね。

ラトルスネークG6

CAWバウンティ・ガンとバレル長以外、同じ仕様になりました。ペアガンぽくなって自分的には気に入っていますけど、好きなモデルって結局同じような仕様になっちゃいますね。

今日はここまで!!!!!!!

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


MG472 CAW ウッズマン エクステンションバレル付き(MULE直販)その弐

さて今回は「CAW ウッズマン エクステンションバレル付き(MULE直販)」の続きでエクステンションバレル(くどいようですが、スリムサイレンサーとは呼びません)についてです。

CAWウッズマンEXB4

MULE直販のエクステンションバレルには、サービスでオリジナルの刻印が入っています。左側には「WOODSMAN Extension Barrel CAL.22」の文字とランパントコルトマークが入っています。

CAWウッズマンEXB3

右側には、「238750S」の番号が。何の番号かと思ったら、ウッズマン本体のシリアルNOなんですね。文字が大きすぎなのが気になりますけど、これやるんだったら本体のシリアルは変えて欲しかったです。

CAWウッズマンEXB2

裏側には、お馴染みのシンボルマークが入っています。この辺は意匠的に大丈夫なのかなと心配します。「飛葉タイプカスタム」でダメだったんだから、おそらくこれもグレーゾーンですね。マーク前にある穴にはロールピンが入っていて、恐らくインサートを固定する為のものだと思われます。

元々カスタム銃に付けるカスタムバレルなので、ランパントコルトとかシリアルNoとか入っているのはおかしいので、本来は一般販売用の無地が正しいと思うんですが、目くじら立てるほどではないですね。ようは好き嫌いの問題でしょう。

CAWウッズマンEXB11

バレルの固定部分(ローレット部分)を外すと、ネジを切ったバレル基部と切れ目の入った樹脂製の固定リングがでてきます。固定リングがウッズマンのバレルを内側に通して固定する役割を果たしています。

CAWウッズマンEXB12

固定リングの内径はウッズマンのバレル外径よりも僅かに小さく、バレルを通すために切れ目が入っています。ローレット底部には固定リングに合わせた傾斜が切られていて、ローレットをねじ込むと傾斜に合わせて固定リングが締め付けられる構造です。

散水ホース用のワンタッチジョイントとホースを繋ぐときの構造によく似ています。固定リングが樹脂なので、締め付けてもバレルに傷が付きにくくなっています。マズルにネジを切ったり、別のアダプターを使わない優れたアイデアだと思います。

CAWウッズマンEXB8

発火の反動に耐えるぐらい、きつく締めたらさすがにキズは残るでしょうけど、雰囲気を楽しむには充分ですね。後は三脚に載せて望遠レンズを縛れば1km先の狙撃もできるようになるはずですw

後は秘蔵のシンボルマーク付き木グリを付けて、ワイルド7の世界に浸るだけです。

そう言えばCAWはM31の金型も持ってるんですよね。シンボルマーク付けてストック基部を強化して再販したら、買っちゃいそうですねw

今日はここまで!!!!!!!

CAW ウッズマンシリーズの詳しい紹介記事はこちら


新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


MG472 CAW ウッズマン エクステンションバレル付き(MULE直販)

さて今回はその中で、真っ先に入手した「CAW ウッズマン エクステンションバレル付き(MULE直販)」です。

CAWウッズマンEXB13

後からエクステンションバレルだけ発売されそうな予感ありありでしたけど、ワイルド7好きとしては予定外出費でしたけど購入しないわけにはいきませんでした。ちなみに商品名は何故か「WOODMAN ショートバレルカスタム スリムサイレンサー付き」となっています。

CAWウッズマンEXB5

ウッズマン本体は,昨年発売されたショートバレルカスタムとは異なり、2年前に「飛葉タイプ カスタム」として発売された初代モデルと全く同じ仕様です。

バレルの刻印はソウドオフされた部分で途切れているし、前作にあったランパントコルトマークの円囲いはなくなりました。個人的には実銃のウッズマンをカスタムした雰囲気のある、初代モデルなのは嬉しいですね。

CAWウッズマンEXB6

フレーム右側の刻印も初代モデルと同じ「238750S」。今までCAWウッズマンはバリエーションごとに微妙にシリアルNOを変えていたので、今回に関しては少し残念な部分です。また個体の問題かもしれませんが,イライアソンサイトのブレード部分にガタ付きがでているのも気になります。

CAWウッズマンEXB10

MULE直販の特典はエクステンションバレルの刻印の他には、マガジンベースにお馴染みのロゴが入っているぐらい。一般販売と同じ納期だからこんなものでしょう。それよりも以前のモデルよりマガジンの抜き差しに抵抗があるのが気になります。

CAWウッズマンEXB

目玉のエクステンションバレル(どうしてもスリムサイレンサーというのには抵抗があるので)は全長約17cmでバレル部は樹脂でローレット部分は金属製(おそらくアルミ製)で出来ています。バレルにはテーパーも付いていませんが、ウッズマンのバレル径と同じサイズなので違和感はありません。

CAWウッズマンEXB9

マズル部分にライフリングはありませんが、クラウンの面取加工がなされているのでチープ感はありません。インサートまで入っているのはモデルガンのパーツならではですね。

CAWウッズマンEXB7

本体への取付はローレットを緩めてバレルに被せ、ローレットを締め付けるだけです。締め付け具合によってはしっかり固定できます。心配なバレルへのキズは2〜3回程度では見られませんでした。

形状的には「緑の墓」編に出てきた「長銃身アタッチメント」を付けた、飛葉ウッズマンの雰囲気が、良く出ています。以前カスタムメーカーのエクステンションバレルキットを組み込んだ物よりも気に入ってます。

エクステンションバレルについては、次回で詳しく紹介します。

今日はここまで!!!!!!

CAW ウッズマンシリーズの詳しい紹介記事はこちら

新しくトイガンサイト始めました→お座敷SHOOTERS.com

フェイスブックページ始めました→お座敷シューターのトイガン日記

←ポチッとお願いします


道楽カウンター
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR